学校ブログ


在校生コラム一覧
  • 2014/12/20 校長のひとりごと

    「ずっと続けばいいのになぁ」
12月19日(金)仙台YMCAクリスマスが開催されました。このプログラムは、43回目を迎え、留学生を無料招待して、クリスマスという機会を通して市民との交流を図るものです。 当日は、総勢320名の参加者があり、50名を超える留学生が参加してくださいました。 本校学生もサービスやバーカウンター、クロークなどで活躍してくれました。 子どもたちから大人、そして、留学生が、みんなで同じテーブル囲み食事をしたり、輪になってゲームをしたり、大変盛り上がりを見せて終了することができました。 クリスマス参加者のアンケートの中にあった言葉です。 「こんなプログラムがずっと続けばいいのに」 50人の留学生は多くの国々から仙台で勉強しています。中には紛争状態の中にある国などもあります。日本でも大変悲しい事件などもあったり、経済的な不安、原発問題、避けては通れませんが、不安をあおることが山ほどあります。 そんななかで、国籍を超え、人種を超え、子どもも大人も、障がいのある方もみんなが楽しんだクリスマス。みんなが互いを認め合うことができる世界がここにはありました。 ぜひ、来年も44回目を行いたいと思います。